RZ/T1スイッチングについて

弊社TCP/IPプロトコルスタック「μNet3」に関する書込みはこちらにお願いします。
返信する
masuh
記事: 1
登録日時: 2020年7月01日(水) 08:22

RZ/T1スイッチングについて

投稿記事 by masuh » 2020年7月01日(水) 08:48

RZ/T1のETHERMAC、ETHERSWを利用してスイッチ、ハブを利用したいのですが、うまく動作しません。
ハードウェアの設定は、ルネサスのサンプルコードを参考にして、μC3コンフィグレータで生成したコードを修正して確認しておりますが、他に設定する項目はありますでしょうか?
 ハードは、ルネサスの開発ボード(RTK7910018C00000BE)で確認しており、症状としてはポート1側がリンク後に黄色LEDが点滅した状態となります。ポート0からのPINGは可能です。

アバター
eForce技術担当
記事: 168
登録日時: 2014年4月24日(木) 14:18

Re: RZ/T1スイッチングについて

投稿記事 by eForce技術担当 » 2020年7月27日(月) 12:52

お問い合わせいただいた件、回答が滞っており大変申し訳ございませんでした。
すでにご解決済みかもしれませんが、以下に回答致します。

今回、μC3コンフィグレータで生成したコード(DDR_RZT1_ETH_cfg.h)を手動で修正していただく必要があります。
コンフィグレータでは、MACセレクト(ETH_CFG_MACSELの値)を1 or 3にしか設定できないため、この値を0 or 5に変更していただくのと、ETH_CFG_PHY_ADDRの値を0にする必要があります。

以下に、DDR_RZT1_ETH_cfg.hの改修ポイントを記載致しますので、ご参考いただければと思います。


■改修ポイント1
 以下のETH_CFG_PHY_ADDRの定義をコメントアウトする。

コード: 全て選択

/*
 */
#define ETH_CFG_HAVE_RIN (1)

/*
 *  ETH_CFG_PHY_ADDR : Configure Ethernet phy address
 */
//#define ETH_CFG_PHY_ADDR    0x02
■改修ポイント2
 ETH_CFG_MACSELの値を0 or 5に書き換え、その後にETH_CFG_PHY_ADDRの設定コードを追加する。

コード: 全て選択

/*
 * ETH_MACSEL : Configure Ethernet interface function
 *              See detail "MACSEL" Register
 */
#if ETH_CFG_HAVE_RIN == 1
#define ETH_CFG_MACSEL_ETSW           (0UL)
#define ETH_CFG_MACSEL_ETCAT          (1UL)
#define ETH_CFG_MACSEL_ETMAC          (3UL)
#define ETH_CFG_MACSEL_ETCAT_AND_ETSW (5UL)
#elif ETH_CFG_HAVE_RIN == 0
#define ETH_CFG_MACSEL_ETSW           (0UL)
#define ETH_CFG_MACSEL_ETMAC          (3UL)
#endif
#define ETH_CFG_MACSEL    (0)

/*
 *  ETH_CFG_PHYx_ADDR : Configure Ethernet phy0,1,2 address
 */
#define ETH_CFG_PHY0_ADDR             0x01
#define ETH_CFG_PHY1_ADDR             0x02
#define ETH_CFG_PHY2_ADDR             0x01

#if (ETH_CFG_MACSEL == 1)
    #define ETH_CFG_PHY_ADDR          ETH_CFG_PHY2_ADDR
#elif (ETH_CFG_MACSEL == 3)
    #define ETH_CFG_PHY_ADDR          ETH_CFG_PHY1_ADDR
#else
    #define ETH_CFG_PHY_ADDR          0x00
#endif

#ifdef __cplusplus

返信する