コンパイラのバージョン対応表記についての補足説明

返信する
アバター
eForce技術担当
記事: 163
登録日時: 2014年4月24日(木) 14:18

コンパイラのバージョン対応表記についての補足説明

投稿記事 by eForce技術担当 » 2016年1月04日(月) 12:37

弊社パッケージの先頭にある「Readme_xxxx_xxxx.txt」ファイルの
コンパイラのバージョン対応表記についての補足をいたします。

********
例えば、下記のような表記や、
:IAR Embedded Workbench (EWARM) v6.60 に対応
下記のような表記があります。
:RealView Microcontroller Development Kit (MDK-ARM) Version 4.72a に対応

********
この記載の意味については、お客様が弊社のパッケージを用いてアプリケーション
を開発する場合に推奨する開発環境を示しているのではなく、弊社のパッケージの
以下の部分を記載しているバージョンのコンパイラを用いて、
コンパイルまたは、動作確認を実施していることを示しています。
例. μC3/Compactパッケージの場合
1. \uC3\Compact\Kernelフォルダ内のカーネルのライブラリファイル
"2. \uC3\Compact\Networkフォルダ内のカーネルのライブラリファイル
 =>μNet3パッケージをご利用の場合"
3. \uC3\Compact\Sample内のサンプルプログラム

例. μC3/Standardパッケージの場合
1. \uC3\Standard\Kernelフォルダ内のカーネルのライブラリファイル
"2. \uC3\Standard\Networkフォルダ内のカーネルのライブラリファイル
 =>μNet3パッケージをご利用の場合"
3. \uC3\Standard\Sample内のサンプルプログラム

********
この対応表記についてですが、必ずしも、対応時に最新のコンパイラを利用していません。
その理由は、弊社パッケージ製品につきましては、標準パッケージとしまして、
複数のお客様に提供をしております。
全てお客様が常に最新バージョンのコンパイラを利用しているとは限らず、
古いバージョンのコンパイラを継続利用されるお客様も中にはいらっしゃいます。
各コンパイラについては、下位互換機能はない可能性があるため、パッケージに含める
サンプル等を最新バージョン利用して作成してしまうと,古いバージョンのコンパイラで
開くことでできなくなる可能性もあります。
このため,弊社では利用するコンパイラのバージョンについては、お客様の利用状況を
鑑みてから判断させていただいております。

********
弊社パッケージはコンパイラバージョンに依存したソースコードは含まれておりませんので、
現在ご提供しているパッケージは上位バージョンのコンパイラ環境でも問題なく
ご利用いただけると判断しています。

もし、弊社パッケージをお使いの場合において、不明点がございましたらば、
サポート宛にご連絡をお願いいたします。

返信する