TCPのオプション 終端処理について

弊社TCP/IPプロトコルスタック「μNet3」に関する書込みはこちらにお願いします。
返信する
n.fujiwara
記事: 1
登録日時: 2015年4月08日(水) 16:51

TCPのオプション 終端処理について

投稿記事 by n.fujiwara » 2017年12月06日(水) 10:55

添付画像は 御社uNet を組み込んだ製品のパケット抜粋です。
TCP Option の終端 4byte が「01 00 a8 1c」になっています。
01(End Of Option List), 00(No Operation) の後に不定値が 2byte 入るようです。

とある環境下で基本的に通信ができない状況になっており、何度もリトライすると一度だけ通信に成功しました。
成功時の終端は「01 00 01 01」になっていました(失敗時は 「01 00 a8 1c」など)。

これが原因なのかわかりませんが、終端処理について何か情報をお持ちでしたら教えて頂けますか。
添付ファイル
終端処理.png

アバター
eForce技術担当
記事: 179
登録日時: 2014年4月24日(木) 14:18

Re: TCPのオプション 終端処理について

投稿記事 by eForce技術担当 » 2017年12月06日(水) 17:24

お問い合わせありがとうございます。
TCPのオプションにおけるパディング領域が非0の場合に、このパケットを
受け付けないホストが存在することは弊社でも確認しております。
本件につきましては2014年7月のμNet3のバージョンアップで対応しています。

バージョンアップをご希望される場合は大変お手数ですが、お客様情報と
ご使用されているμNet3パッケージ名を明記の上、下記のアドレスまで
お知らせ下さい。

info@eforce.co.jp

返信する